保険

がん保険選びはこれでOK。基本を押さえて比較しましょう。

  1. HOME >
  2. 保険 >

がん保険選びはこれでOK。基本を押さえて比較しましょう。

がん保険選びはこれでOK。基本を押さえて比較しましょう。

2019年6月現在

株式会社 カカクコム・インシュアランスのランキングで載ってるがん保険は約20種類あります。

これだけあるとがん保険の選び方は迷ってしまいます。

どれを選べばいいのかわかりませんよね?

そこで今回はがん保険を選ぶ時、押さえておきたい基本のカタチをご紹介します。

この記事で学べること

・がん保険の仕組みが分かる。
・各保険会社の比較が容易にできるようになる。
・自身のがん保険の見直しポイントが分かる。

生命保険の無料相談/見直し【保険GATE】

がんと診断確定されたときのがん診断給付金

多くのがん保険で付加できる保障で、がんと診断確定された時に一時金として受け取ることができます。

各保険会社比較するときの注意点は

がん診断給付金の受け取れる回数を確認しましょう。

1回きりなのか?それとも複数回なのか?
複数回の場合どのくらい期間を空ければ受け取れるのか?

上皮内新生物の保障額はいくらか?

上皮内新生物の場合、悪性新生物のがん診断給付金と同額保障か?それとも減額されるのか?

がんで入院したときの入院給付金

がん治療のため入院したときのがん入院給付金はいくらか?

がん保険の場合入院保障は無制限で受け取れます。
各保険会社比較するときの注意点は
特にありません。


<厚生労働省「患者調査」/平成26年>を見ると、がんの場合約20日ほどで退院できます。
あくまで平均の入院日数なので、入院日数の短いかたや長いかたも含まれてます。

例えばがん診断給付金が1回100万円受け取れるのであれば入院保障はつけなくてもいいかもしれません。
入院保障を付けるくらいならがん診断給付金を100万円ではなく200万円、300万円と追加してもいいと思います。

所定の手術を受けたとき がん手術給付金

各保険会社比較するときの注意点は
がん手術給付金額が多いか少ないか?
保険会社によっては手術治療・放射線治療・抗癌剤治療・ホルモン剤治療など手術保障だけでは保障されない場合があるので注意が必要です。

がんで通院したときのがん通院保障

各保険会社比較するときの注意点は

入院前の通院か?入院後の通院か?

医療保険の場合は通院保障と言えば入院した後の通院を指します。
中には通院のみでも保障されると誤解される方もいらっしゃいますので自分の保険はどうなってるか確認しましょう。

がん先進医療給付金

各保険会社比較するときの注意点は
給付額が保険会社によって違います。
がんの陽子線治療や重粒子線治療などは200万円~300万円掛かると言われています。
保険料自体は高いものではないので2000万円まで保障できるものを選べば間違いないと思います。

保険料払込免除

悪性新生物と初めて診断確定されたとき、それ以後の保険料の払い込みが免除になります。
できるなら付けたほうがいい特約です。

例えばがんになった時を想像してみましょう。
お仕事を続けますか?
今までどおり働けますか?
軽いがんの場合なら通院しながら治療もありかもしれませんが、一旦は仕事のことを考えずに治療に専念しましょう。

その時にどうしても気になるのが収入についてです。
がんになると長いこと仕事を休まないといけない場合も考えられます。
毎月払ってる保険料の支払いが大変てことも、、、

そんな時に保険料払込免除があると悪性新生物と初めて診断確定されると、それ以後の保険料の払い込みが無くなります。
保険料を払わずに保障だけ残すことができます。
今は2人に1人ががんになると言われてる時代です。迷わずこの特約は付けときましょう。

 クチコミで絶賛の保険マンモス満足度95%の『無料保険相談』


その他、自由診療の保障や治療に特化した保障など様々です。
上記の基本的な保障を覚えておけば大体のがん保険は把握できると思います。

『がんは心配だけど掛け捨てはちょっとなぁ』というかたは払った分が戻ってくる、東京海上日動あんしん生命のがん保険もおすすめです。

東京海上日動あんしん生命の払った分が戻ってくるがん保険はこちら

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-保険

© 2021 WING(AFFINGER5版)デモサイト Powered by AFFINGER5