暮らしの情報

【2019年6月版】GoogleAdSense審査でお困りの方必見!合格するにはこの3項目。

  1. HOME >
  2. 暮らしの情報 >

【2019年6月版】GoogleAdSense審査でお困りの方必見!合格するにはこの3項目。

はじめに

でっき
でっき

この度、はてなブログから15回目にしてGoogleAdSense合格しました!

りゅう
りゅう

パパやったね!!

ワードプレスに移行してから6回目の申請なります。

その間、色んなサイトを見て何が良いのか悪いのかを調べました。

「有料ドメイン」「SSL認証」「ワードプレスが良い」など良いと思われるものは積極的に取り入れ、なんとか合格まで漕ぎつけることができました。

しかし、これで達成というわけではなくアフィリエイト関連が整ったというだけです。

これからは記事に集中して納得できる結果までサイトを成長してまいります。

今回GoogleAdSense審査合格にあたり大切と思われる項目を順にお話させていただきます。

それではよろしくお願いします。

WordPressの運用に特化したレンタルサーバー『wpXレンタルサーバー』

プライバシーポリシー

重要度★★★★★

もしかしたら今回合格の決め手となったのはプライバシーポリシーではないかと考えてます。

今までは簡素化されたものを使用してましたが、より細かく記載したところ、その後1時間も経たないうちに合格通知が届いてました。

過去のプライバシーポリシーは、どこかのサイトでコピペで良いと書かれてたので、あまり気にすることなく記載してました。

今回サイトをチェックする際に、必須項目に注力して、プライバシーポリシーを修正しました。

私のプライバシーポリシーを参考にご活用ください。

GoogleAdSenseの説明は合格後に追記してください。

プライバシーポリシーについて

問い合わせ

問い合わせフォームは重要ですので、念の為ご説明します。設置済みの方はスルーでOK。

重要度★★★★★

こちらも必須みたいなので、プラグインかGoogleの問い合わせフォームを使うとすぐに作成できます。

この記事を読まれてる方は、何度かGoogleAdSenseの審査申請をされてる方だと思うので、問い合わせフォームはすでに作成されてると思います。

そして問い合わせの書式はこだわらなくて良いと思われるので、重要ですが問い合わせフォームを作成して設置されてるようでしたら問題ないと思います。

※問い合わせフォームは重要ですので、念の為ご説明します。

コピペチェック

重要度★★★★★

個人的に気を使った箇所で、不合格の際、毎回『価値の低いサイト』『複製されたサイト』と指摘されてたので、Googleのヘルプを確認、独自性、複製に注力してコピペチェックツールを活用しました。

普段記事を書くときも、毎回チェックして複製と判断されないように気をつけましょう。

コピペチェックツールを検索するといくつか表示されます。

私は一番上位の無料コピペチェックツール【CopyContentDetector】を使ってます。

GoogleAdSenseの独自性、複製されてるサイトの判断基準は、(憶測ですが)50%未満と思ってます。

ですのでコピペチェック後、一致率判定が50%を超えてる記事は修正して一致率判定 50%未満にしてます。

補足すると他サイトから引用する時も気をつけましょう。

重複したコンテンツとして判断された場合は、ペナルティが発生することがあります。
デメリットは検索順位が下がる可能性があります。

コピペチェックツールの項目は

  • 類似度判定
  • 一致率判定
  • テキスト判定

で世界中のサイトで類似してないかをチェックすることができます。

よかったら試してみてください。

その際マーカーの箇所に除外ドメインに自身のサイトのURLを入力します。

チェック項目もマーカーの箇所にチェックを入れます。

その他

文字数 私の場合、平均2000文字くらいにしてますが、良いのか悪いのかは判断つかず。

記事の内容 判断つかず。Googleのポリシー違反にならないように記事は気をつけてます。

アクセス数 もしかしたらある程度は関係してるのかな?と思いましたが、1ヶ月で2300ほどしか見られてないのであまり関係ないように思います。

きっと審査通過は難しくない!

必須項目は3点

  • 詳細なプライバシーポリシー
  • 問い合わせフォーム
  • 独自性、複製されてないサイト

もしこれでも審査が通らないのであれば、一度問い合わせてみるのも良いかもしれません。

AdSense 審査状況確認フォーム

それか私に連絡ください。あなたのサイトをチェックします!

合格したから言うわけではありませんが、記事の内容は健全でしたらなんだって大丈夫なはずです。

まずは上記3点ご参考にご活用ください。

でっき
でっき

以上

参考になれば幸いです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-暮らしの情報

© 2021 WING(AFFINGER5版)デモサイト Powered by AFFINGER5