保険

インターネットで加入した医療保険のメリット・デメリット

  1. HOME >
  2. 保険 >

インターネットで加入した医療保険のメリット・デメリット

インターネットで加入した医療保険のメリット・デメリット

TVCMでおなじみのアフラック・メットライフ生命・オリックス生命。

これらの保険が自分にぴったりなのかどうなのか?

なんとなくTVや新聞で見てるからと手にとってしまいがちです。

これらの商品は、インターネットで資料を取り寄せて手軽に申し込みが可能です。

そんなインターネットで加入する医療保険のメリット・デメリットを対面販売と比較してご紹介します。

通信販売のメリット・デメリット

まず通信販売のメリットですが、

簡単に申し込みができます。
面倒な審査がない。

通信販売のメリットを伝えると、この2点です。

なんとなく保険と聞くと面倒だったり、しつこい、難しいというイメージがあると思いますが、通信販売はそんなことはなく、簡単に申し込むことができます。

そしてわからないことは電話で聞くこともできますし、直接電話をかけてくる保険の代理店も存在します。

最近だと保険代理店とクレジットカード会社や銀行・信用金庫などの金融機関と提携を行い電話を使っての保険募集も盛んに行われています。

ちなみに保険料は通信販売でも対面販売でも基本はどちらも変わりません。

ですので通信販売で保険を加入するのも一つの方法です。

しかし現在はほけんの窓口や保険見直し本舗など保険ショップと言われるお店が数多く存在します。

実際に保険業界全体を見ても、各保険会社の売上が落ち込んでるのに対して保険代理店は2倍近くまで伸ばしてきてます。(黄緑2015年度6.9%に対して2015年度13.7%

このデータを見ても保険会社は代理店に頼らざるを得ない状況にあるのかもしれません。

代理店業界は様々なチャネルがあり対面販売・保険ショップ・電話営業・インターネットなど

そして生命保険会社と違い、保険代理店の強みは一社だけではなく複数社を扱えるところに優位性があります。

話を戻すと、通信販売でも対面販売でもどちらでも大丈夫です。

しかし保険は

  1. マイホーム
  2. 生命保険
  3. 自動車

と言われるように人生の中でも高い買い物です。

そんな高い買い物を、TVや新聞の広告を元に決めて大丈夫でしょうか?

なんとなく入院やがんが心配だからと加入するのもいいと思いますが、死亡保険はいくら加入すれば良いのか?期間はいつまでにすればいいのか?定期保険?収入保障保険?終身保険?何にすればいいのか?一から保険を覚えるのは無理があります。

そして高い買い物についてどのくらい高いのかと言うと

例えば30歳の方が月1,000円/月20,000円で保険に加入したとします。

80歳まで払うとすると合計でいくらになるでしょう?

それぞれ

月10,000円の場合は、6,000,000円

月20,000円の場合は、12,000,000円

かかります。

でっき
でっき

高いっ!!!!

よく分からずにこれだけのお金を支払うのはもったいないと思います。

本来保険は、

もし自分になにかあった時に、残された家族がいくらあれば困らず生活ができるのか?

もし病気やケガで入院した時に、困らないようにするには?

を考えて保険金額を算出します。

でっき
でっき

もうよくわからない

普通はわからないものなんです。

ですので通信販売のデメリットは

本当に自分に合ってるかどうなのか判断がつかないこと。
保険は相談や話を聞くだけならお金はかかりません。
マイホームや自動車も信頼できる人から購入すると思います。
生命保険も一緒で信頼できる保険屋さんから保険を購入しましょう。

生命保険の選び方なら、クチコミで絶賛の保険マンモス

 

対面販売のメリット・デメリット

まずデメリットからどの業界でも同じですが、

新人さんが来てしまう。
 
せっかく時間を取って話を聞きたいのに、新人さんが担当に付くというのはちょっと心配ですよね。
ですので依頼する時は必ず要望を伝えましょう。
でっき
でっき

ベテランさんお願いします!

あと

しつこくない人

清潔感のある人

信頼できる人

など 思いつく限りの要望を言っても良いかもしれません。

それだけ保険は人が大切です。

大きなお金を掛けるわけですから

  • 見た目
  • 安心感・清潔感
  • 信頼・信用できそう

など 要望はしっかり伝えましょう。

次に対面販売のメリットですが、たくさんあります。

保険の仕組みが分かる。

ライフプランニングを作ってくれる。

一人ひとりに合わせたオーダーメイドの保険設計が可能。

加入後も相談できる。

FP(ファイナンシャル・プランナー)の資格を取得してる保険募集人は保険だけではなく金融関係、住宅関係など、生活してく上で大切なお金についてを教えてくれる。

万一の時に請求方法を教えてもらえる。

など色んなことが聞けます。

お金のことってなかなか敷居が高くどう聞けばいいか分からないと思いますが、FP(ファイナンシャル・プランナー)は家計のプロフェッショナルです。

何でも聞けます。

生命保険の選び方なら、クチコミで絶賛の保険マンモス

 

まとめ

今回は対面か通信販売かを比較しましたが、もし通信販売で加入してる保険があるようでしたら一度FP(ファイナンシャル・プランナー)に相談するのをおすすめします。

海外では相談料として1時間あたりいくらとお金を頂いて生業にしてるFP(ファイナンシャル・プランナー)もいますが、日本は無料で相談できるとこがほとんどです。

もし相談料を取る保険屋さんでしたら、違うとこに相談しましょうー!

生命保険の選び方なら、クチコミで絶賛の保険マンモス

https://softdesigny.com/aflac
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-保険

© 2021 WING(AFFINGER5版)デモサイト Powered by AFFINGER5