保険

メットライフ生命 終身医療保険フレキシィSのメリット・デメリット

  1. HOME >
  2. 保険 >

メットライフ生命 終身医療保険フレキシィSのメリット・デメリット

メットライフ生命 終身医療保険フレキシィSのメリット・デメリット

保険会社名:メットライフ生命 

商品名:終身医療保険フレキシィS

保険期間:終身(先進医療は10年更新)

保険会社の中でランキングを付けるとしたら、一番ではありませんが上位に入る保険会社の一つです。

まんべんなく医療保険・がん保険。死亡保険に加入するならピッタリの保険かもしれません。

でっき
でっき

それでは順に

終身医療保険フレキシィS

を紹介します。

終身医療保険フレキシィSの保障内容

全体的にバランスの取れた良い保障になっており『難しい保険は苦手』『一社で済ませたい』『保険料を抑えたい』など一つの商品で必要保障を備えられるのでおすすめです。

ご結婚されてる方は収入保障保険と組み合わせると大きな死亡保障を備えることもできます。

 

入院保障・手術保障などの基本保障

メットライフ生命 終身医療保険フレキシィSの保障内容

引用元:メットライフ生命ホームページ

基本保障は入院保障と手術保障になります。

メリット:短期入院定額払特則が付けられる

この保険の良いところは、入院保障10,000円プランの場合、日帰り入院でも10万円受け取れるところです。(短期入院定額払特則:10日分をまとめて受け取れます。)

背景には厚生労働省「平成26年患者調査」のデータによると約57%の人が10日以内の入院になっており短い入院が多くなってます。

短期入院定額払特則は付ける付けないかを選択できます。

11日以上入院すると付けても付けなくても給付額は同じですので、保険料を安く抑えたい方は付けなくても大丈夫です。

白内障や大腸ポリープなど日帰りで治療できる病気も有るので、請求時は診断書が必要です。

診断書作成には数千円掛かるので、心配な方はデータ通り無難に付けてもいいと思います。

※短期入院定額払特則は特約ではないので途中で外すことはできません。


手術保障は入院時の手術、外来の手術、放射線治療が含まれます。

メリット:外来の手術や放射線治療など入院がなくても保障できる

最近では入院せずに手術をする場合もあるので、使い勝手の良い保障になってます。

生命保険の選び方なら、クチコミで絶賛の保険マンモス

先進医療保障(10年更新)

通算支払限度2,000万円まで保障。

先進医療は高額になってしまう場合もあるので、終身払だと107円で付加できる保障ですので、是非とも付加しましょう。(後から外すこともできます)

唯一10年更新になってますが心配無用。医療はどんどん発展していきます。先進医療も新たに先進医療になったり、公的医療保険制度で対象になったりと都度更新します。

そのため先進医療保障は10年ごとに保険料が変わる場合があります。

保険料が上がる場合、下がる場合、変わらない場合、保険会社が先進医療を扱ってなかった場合107円分安くなります。

保険料が大幅に上がるようでしたら外せばいいだけです。10年間は一定ですので付けときましょう。

メリット:わずかな保険料で大きな保障が得られる

健康祝い金(最長90歳まで)

せっかくなんで付けときましょう。

メリット:嬉しい健康祝い金が付けられる

基本的に医療保険は掛け捨てですが、終身医療保険フレキシィSの場合、5年ごとに元気だった場合10万円の祝い金が受け取れます。(入院日額10,000円プランの場合)

若いうちは5年間健康で過ごすことはなんともないかもしれませんが、加齢とともに病気も心配になってくると思うので、健康祝い金を健康に過ごす目標に付けるのもいいかもしれません。

死亡保障

死亡保障は期間が決まってる定期保険と一生涯続く終身保険と大きく分けて2種類あります。

終身医療保険フレキシィSにつけられる死亡保障は終身型ですので掛け捨てではございません。

ですので掛けた年数に応じて解約返戻金が戻ってきます。

葬儀費用など万一のときの整理資金に活用できます。

※継続期間の短い場合は、解約返戻金は無いかあってもごく僅かになります。

その他の保障

・三大疾病の一時金
・退院後の通院保障
・七疾病入院延長保障
・介護一時金
・認知症一時金 などが付けられます。

中途付加も可能ですので、今必要な分だけを準備しておき、今後必要になった時に考えてもいいかもしれません。

※中途付加には健康診査があります、健康状態によって加入が難しい場合もあります。

終身医療保険フレキシィSのデメリット

メリットの多い商品ですが、難点を上げるとすれば告知審査があります。

病気によっては引受が難しい場合や条件が付く場合があるので事前に保険屋さんにお伝えし自分にぴったりな保障を準備しましょう。

その他悪いところが見つからないくらいバランスの取れた保険です。

掛け捨てに抵抗のあるかたは、死亡保障を付けるか払った分が戻ってくる医療保険を選ぶのもいいかもしれません。

メットライフ生命の健全性は?

気になるメットライフ生命は大丈夫なのか?ということ

2018年度の決算を見ても

総資産:11兆7,331億円
(アヒルのアフラックの場合:2018年度の決算報告書によると総資産は約12兆円)

どれだけ「支払余力」があるのかを示すソルベンシー・マージン比率は 889.6%あります。

健全性は言うまでもなく優れており安心な会社になります。

メットライフ生命の健全性

引用元:メットライフ生命ホームページ

まとめ

今回ご紹介した

メットライフ生命の終身医療保険フレキシィSはバランスの取れた良い商品です。

各保険会社時代に合わせて様々な商品を考え販売してます。

メットライフ生命も同様にお客様のニーズに合わせて良い商品が発売されてます。

10数年前はアリコアリコとうるさいくらいTVCMで流れてましたが、最近ではTVCMも控えるようになったのか、メットライフ生命になってからは良い印象があります。

保険は好みがあるかもしれませんが、充分おすすめできる内容になってますのでぜひご検討くださいませ。

でっき
でっき
 

最後までお読みいただき有難うございました。

 クチコミで絶賛の保険マンモス満足度95%の『無料保険相談』

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-保険

© 2021 WING(AFFINGER5版)デモサイト Powered by AFFINGER5