暮らしの情報

【二世帯住宅は嫌】戸建・マンションの二棟買いをおすすめする理由。

  1. HOME >
  2. 暮らしの情報 >

【二世帯住宅は嫌】戸建・マンションの二棟買いをおすすめする理由。

【二世帯住宅は嫌】戸建・マンションの二棟買いをおすすめする理由。

最近の二世帯住宅は完全分離型で入り口を2つに分けたり、間取りも左右、上下と完全に分離して住むことが可能です。

それでもひとつ屋根の下に義父母や親が住んでると思うと、、、

そこで「二世帯住宅は気を使うしちょっとなぁ」という方におすすめしたいのが二棟買いです。

二棟買いとは・・・家を二棟購入することです。

「なんだそんなことか」と思われるかもしれませんがそれだけのことです。
たったこれだけのことで、気を使うこともなければ神経をすり減らさずに済みます。

「二世帯で住む」ということはサザエさんのようにマスオさん状態(夫が、妻の実家に、婿入りという形のこと)ならともかく
【嫁・姑】と聞いただけで、ギスギスとした関係や夫婦仲にも亀裂が入ってしまいそうです、、、

今回は、二世帯住宅を回避して家を二棟購入するメリットをご紹介します。

この記事で分かることは3点

・注文住宅と建売どちらがいいのか?
・建売住宅の購入方法はどうすればいいのか?
・家を二棟購入するメリットは何か?

※ちなみに二棟買いはそんなに簡単ではありません。

【自己資金ゼロから始められる】不動産投資

注文住宅と建売どちらがいいのか?

夢のマイホームと聞くと「大きな庭付きの家」「リビングは広く」「3階建てで屋上でバーベキュー」と夢は膨らみます。
しかし大きな家を建てるのには土地が必要です。
土地はありますか?大きな家には大きな土地が必要です。
そして注文住宅で建てたが周辺に同年代の子供が居ないということも、、、

住宅展示場に行くと素晴らしい家がたくさん並んでます。
夢はどんどん膨らみます。
「広いリビングを見るとすご~い。外観もカッコイイ。」
それもそのはず、住宅展示場の家は大きく作られてるところが多いです。(約70坪)
リアルサイズで建ててるところもありますが、それでも約50坪はあります。

土地を持ってますか?

ここで考えなければいけないのが、その建物に見合った土地をどうやって探すのか?
良い土地を一から探すのは至難の業です。
良い土地は不動産屋さんが抱えてるので、世に出回る前に売れてしまいます。

なかには「○○さんにだけ特別ですよ。」とおっしゃる営業の方もいるかもしれませんが、信用できますか?
しまいには「早くしないと売れてしまいます。先日も審査が通らなかったんですよ。」とお決まりの営業トークが炸裂するかもしれません。

予算はいくら?

建売と注分住宅を比較すると感覚ですが1.5倍は値段が変わってくると思います。
土地の値段も有るので、一概に1.5倍とは言えませんが、上モノ(建物)で計算すると1.5倍は優に超えると思います。
住宅展示場と同様に外壁をかっこよくタイルを貼って、庭や柵など外構費用にチカラをいれて、内装はあれもこれもと考えると建売住宅の2倍は普通に超えます。
一例ですが

引用元:家選びネット

大手8社 ハウスメーカーといわれてる

  • ミサワホーム
  • パナホーム 
  • 積水ハウス 
  • ダイワハウス 
  • トヨタホーム 
  • ヘーベルハウス 
  • 住友林業 
  • セキスイハイム

の相場を見てみると
自宅を購入するには土地の費用と建物の費用がかかります。
大手8社のハウスメーカーを見ると

引用元:大手ハウスメーカー八社の相場比較

平均坪単価77.7万円
平均棟単価3081万円

建物に3081万円、土地(全国の平均坪単価✕75坪の場合)
に1700万円掛けると合計4781万円

これはあくまで建物と土地の値段です。
あとは隣の家との境目を作る外構(ブロック塀や柵など)それから諸費用を加えると5000万円以上。
住宅ローンを35年で組むと
5000万円÷35年ローン=月の支払いが約12万円になります。
金利を含めてないので月12万円以上の支払いになります。

どうですか?現実的ですか?
余談ですが私の年収は約700万円で現在月12万円の家賃を払ってます(新築戸建賃貸-ペット可のため高い)


払える金額ですがそれでも毎月12万円の家賃は痛いです。
住宅ローンでも同様で月12万円の支払いは痛いです。
そしてさらに追い打ちをかけるように、固定資産税も掛かります。

そう考えると、世帯収入が1000万円ほどないと月12万円+固定資産税+住宅修繕費の積み立てで月15万円いの出費は覚悟しといたほうがいいかもしれません。

注文住宅の良いところ

注文住宅の場合、木造住宅か鉄骨住宅か選べます。
鉄骨住宅の場合、子供が大きくなり家を巣立っていった時に全面リフォームが可能です。
鉄骨住宅は箱型ですので木造住宅のように余分な柱がありません。予算があれば好きなようにリフォーム可能です。
そして耐震、断熱、通気性能に優れています。

結論
注文住宅でおすすめする方は

1.土地を持ってる人
2.払える人
3.性能にこだわる人

建売住宅の場合

反対に建売住宅ですが、注文住宅と比較すると値段が安価です。
都心部は土地が高いので割高になりますが、それでも建物の坪単価は40万円以下と購入しやすい価格帯になってます。
粗悪な作りかというとそんなこともなく生活する上で不自由なことはありません。

注文住宅と比較すると見劣りするかもしれませんが、最近は建売住宅に力を入れてる不動産屋さんは多くあります。

建売住宅の購入方法はどうすればいいのか?

地域選び

建売住宅の購入方法ですが、まずはどこに住みたいか地域を選びます。
そして地域が決まれば次に現地に見に行きます。

建売住宅の良いところは、新興住宅地に区画を区切って、10棟20棟と新しい家が建ち並んでるところが多く存在します。

メリットは同年代の子供たちが集まり一緒に遊ぶこともできますし、ママ友同士助け合うこともできます。
中には1区画、2区画と少ないところもありますが、知らない土地にポツンと新しい家が建ってる状況を想像してみてください。
あまり近所で関わリたくない人はそう思わないかもしれませんが、寂しくありませんか?

建売住宅のメリットは広い土地に区画を区切って同世代の人と関われるところです。
もちろん良し悪しありますが、建売住宅のメリットの一つです。

建物選び

実際に見に行くと分かると思いますが、賃貸っぽい?と思うところとそうでないところと分かれます。
もし建売住宅で選ぶとしたら地元に根付いた不動産業者を選ぶべきです。

まず確認するのは外観や内装、好みにあった建物を選びましょう。
次に間取り、子供が大きくなってリビングを通って2階に上がるのか?それとも玄関から直接2階に上がるのか?
来客時にキッチンの中が見えない構造になってるか?

陽当りはどうか?暗くないか?
あとは床下も見せてもらいましょう。今は床下全体にコンクリートを打ってる(ベタ基礎)ので大丈夫だと思いますが、かび臭くないか水が溜まってないかなども確認しましょう。

あと玄関からフローリングに入る時の境目や階段の境目も隙間がないか確認しましょう。

【自己資金ゼロから始められる】不動産投資

家を二棟購入するメリットは何か?

ここまでで、ある程度は注文住宅と建売の違いがわかったと思います。

大きな違いは価格帯 注文住宅>建売住宅

今回は「二世帯住宅は嫌」というかたに向けた記事なのでここから本題です。

二棟買いについて

予算のあるかたは、注文住宅+新築マンション
金額を抑えたい方は、新築戸建+中古マンションをオススメします。

なぜ中古戸建ではなく中古マンションなのか?

結論 資産価値が残るからです。
中古戸建は建物に価値はありません、もし義父母がなくなった後に売りに出したとしても誰も買ってくれません。
リフォームをしたとしても、リフォーム代金を販売価格に上乗せするとますます売りにくくなります。
そして売れ残るとますます買い手がつかなくなります。
家は生き物と言われており、誰も住まなくなると外壁にツタが生えたり、フローリングも日に当たりぶよぶよになったり、あらゆるところが痛みます。そして建物を取り壊すのにも費用が掛かります。

義父母がなくなった後に売りに出すなら中古マンション一択でOKです。
マンションの場合、住宅ローン以外にマンション管理費や修繕積立金が必要になります。
マンションに共用部を綺麗に保つ、古くなったところやマンションの外壁の塗装やクリーニングなどマンションをきれいに保つには住宅ローン以外の費用が必要になります。
そのおかげもあって中古の戸建と比較すると中古マンションの場合資産価値が下がりにくくなってます。
もちろん立地も重要ですが、義父母がなくなった後のことを考えるとマンション管理費や修繕積立金は必要経費として考えましょう。

選択肢はマンションを売却するか、融資先金融機関と相談して賃貸に出すかです。
勝手に賃貸に出してしまうと、もし融資先金融機関にバレてしまうと一括返済なんてことにもなりかねないので、注意が必要です。
もし賃貸できる場合、今まで払っていたマンション分の支払いは家賃で相殺されます。
そして立地や築年数にもよりますが、新築戸建分の住宅ローンの返済にも一部当てれるかもしれません。

ただそんなに上手くいかないと思うので、第一に売却してマンションのローンを完済する。
可能であれば賃貸も視野に入れましょう。

二棟買いは簡単ではない。

二棟買いは労力が必要です。
第一に予算内に抑えないといけないので、新築建売住宅を3000万円の場合35年の住宅ローンを組むと約71000円/月
マンションを1000万円とした場合35年の住宅ローンを組むと約24000円/月これにマンション管理費や修繕積立金、駐車場代を含めると約50000円ほどになります。
注文住宅と比較すると多少安くなりますがそれでも月12万円必要です。

二棟買いは簡単ではありません。

今の時代何が起こるか分かりません。
不確実なことのほうが多いと思います。
それでも二世帯住宅はどうしても嫌というなら、二棟買いを視野に入れて検討しましょう。

ちなみに二棟分の住宅ローンを組むにはできる金融機関とできない金融機関があります。
事前審査を通してその上でどうするかを改めて考えるのをオススメします。

せっかく決めたのに住宅ローンが通らないとなれば初めから考え直しになるので、夫婦や義父母ともよく話してこの先のことを考えましょう。
最後までお読みいただきありがとうございました。

【自己資金ゼロから始められる】不動産投資

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-暮らしの情報

© 2021 WING(AFFINGER5版)デモサイト Powered by AFFINGER5